川崎市内最高峰の匠をPR 技能奨励・後継者育成の活動や経済振興の取り組みを紹介



【事業名】 かわさきマイスター等広報データ作成業務

【コンテンツ名】 職人に学ぶ

【公開時期】  平成21年度?

【提携自治体】 神奈川県川崎市

職人に学ぶ|まいぷれ[川崎市]

制作背景・目的

●素晴らしい技の普及・継承や後継者育成などの活動を支援

川崎市では、平成9年度から、「手」や「道具」等を駆使し、極めて優れた技術・技能を発揮して産業の発展や市民の生活を支える「もの」をつくりだしている現役の技術・技能職者を市内最高峰の匠「かわさきマイスター」に認定し、素晴らしい技の普及・継承や後継者育成などの活動を支援しています。
「かわさきマイスター」を市民に周知するために、地域ポータルサイトを利用して情報発信を強化しました。

●かわさきマイスターの活動、取り組みのデータを整理

かわさきマイスターの認定は平成9年度より始まりましたが、その取り組みや活動についての広報用のデータは今まで作成されてきませんでした。
今回、そのデータを新たに作成することで、市民への周知はもちろん、市内外の企業へのPRに活用していくことを目的としています。

 

この事例のポイント

●データの作成だけでなく、それを発信する場も提供できる

取材に行って作成した原稿や、撮影した写真のデータの作成だけではなく、地域ポータルサイトの発信力を活用して、WEB上に公開しています。

●地域ポータルサイトに掲載することで、幅広い層の方に周知させる

地域ポータル上には様々な川崎市に関する情報が掲載されています。その地域ポータルサイト上にデータを公開することにより、市のホームページを見ている人とは違った、より幅広い層の市民に見てもらう機会を作ることが出来ます。

 

備考

平成21年度?23年度の緊急雇用対策事業(緊急雇用創出事業)を利用

 

【フューチャーリンクネットワークのPPPについて】
官民協働の地域情報プラットフォームについて
bnr_inquiry_01_3