高齢者のコミュニティカレッジの事例



【コンテンツ名】 狭山シニア・コミュニティ・カレッジ

ニア世代が、これまでに培った能力や技術のさらなる探求の場として、また、新たな知識や技術を習得するきっかけづくりの場として平成12年に開講した「狭山シニア・コミュニティ・カレッジ」を紹介しています。

【提携自治体】 埼玉県狭山市

【公開時期】  平成23年?

 

制作背景・目的

●生きがいと仲間づくり 自己実現と社会参加

高齢社会をより活力のあるものとするため、これまで培ってきた能力や技術の更なる探求、また社会の変化に即応した新しい知識を習得する場です。学習の機会を通じて新たなる人間関係とネットワークをつくることにより、活力と夢のある生き生きとした暮らしあふれる狭山市づくりがテーマ。「狭山シニア・コミュニティ・カレッジ」に関する情報発信を定期的に行う場を設け、市民との情報接点として活用しています。

 

この事例のポイント

●活動を公開し、参加者のやる気・達成感を感じてもらう

 

【フューチャーリンクネットワークのPPPについて】
官民協働の地域情報プラットフォームについて
bnr_inquiry_01_3